和音分析の基礎 I【実践的和声学シリーズ】

田中範康・岩本渡 共著

(2015年11月)
B5判(天地257ミリ・左右182ミリ)
48ページ
定価(1,000円+税)
ISBN 978-4-915964-37-4 C3073


【実践的和声学シリーズ】第1巻

(「はじめに」より)
 和声学を学ぶ目的は、歴史の中で積み重ねられてきた理論にもとづき、音楽の自然な響きの流れを感受できる能力を養うことであると考えています。
 しかし、和声学を一般の学生が学ぶ現実は、4声体書法の限られた諸規則を理解するために多くの時間が費やされ、その結果、机上の理論で終わってしまうケースが多いと思われます。

 そこで本書では、3和音や属7和音をはじめ、実際の音楽でよく使用される各種4和音(7の和音)や非和声音についても、和音分析を通じて早くから学ぶことができるよう に考慮してあります。
 これにより、実際に耳にする音楽作品の響きの構造が容易に理解できるようになると考えています。

 また、本書は和声学のテキストと併用することを前提にしていますので、進行諸規則についての説明は最小限にとどめています。
 さらに、 楽式論的なアナリーゼについても触れていません。 本書を学ぶ中で、課題を実施するだけではなく、それをピアノで弾くなどによって実際の音を聴くことが、教育効果の向上につながると考えています。

¥ 1,080

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。